スポンサードリンク

2014年07月04日

炭酸泉によるデトックス効果

炭酸泉で体や髪を洗うと、デトックス効果が得られるのはご存知ですか??


2〜3年ほど前から美容業界で目をつけられている炭酸ですが、市販で販売されている飲料用炭酸水では炭酸濃度が低い為、効果は得られません。



【そもそもデトックスとは?】

頭皮や毛髪の血行促進老廃物の除去・体内からの毒素排出、キューティクルの引き締めなどに優れた効果のこと。

美容業界でも注目を浴び、ヘッドスパのメニューに取り入れるサロンが増え続けています。



頭皮や髪に対して使用することによって、髪に付着している汚れはもちろん、以前の記事でもお伝えした「シリコン」の内容にもあるように、蓄積してしまったシリコンを落とすことが可能になります。


サロンでは、
プレシャンプー時、ヘッドスパメニュー、その他の施術メニューに付属という形で取り入れられています。



シャンプー台と専用の炭酸ガスボンベのホースを直接繋ぎ、温水とガスを混ぜ合わせて濃度が高くなってから使用します。



【炭酸泉の適性温度】

意外と知られていない炭酸泉の適性温度というのがあります。

温度が高く、熱すぎると二酸化炭素の炭酸濃度が下がってしまい、効果が激減してしまいます。

それを知らずに気持ちの良い温度の温水と併用しているサロンもあるので、見直し・改善をする必要があります。



※温めて使用する場合の適性温度

→最大36〜37°Cまで

※常温で使用する場合は炭酸濃度は落ちないので、温度が高くなる場合のみ注意する必要があります。



【炭酸泉が使用される施設】

主に医療用として使用されていたのがきっかけとされています。

医療用のお風呂や雪山の登山などで壊死してしまった下肢の足の指を再生するなどといった目的で使われています。


医療用のお風呂として使用される温度は、上記でも書いたように37°Cまでしかないのでぬるま湯になります。

ぬるくても、普通の水では無いので体内の老廃物除去・血行促進・新陳代謝向上の効果があるのでとても効果的と言えます。



【炭酸泉と普通の水との違い】

炭酸泉とは、
水に濃度の高い二酸化炭素を混ぜ合わせることで、水の中に含まれる余分な成分の影響を防ぐことができます。

また体に使う場合、
二酸化炭素の量が多くなると、呼吸によって取り入れられた酸素を血液のヘモグロビンによって早く体全体に送る防衛反応が起こるので、血流促進、新陳代謝の向上が得られるというわけです。



通常の水には金属成分のマグネシウムと言うものが含まれています。
このマグネシウムと言うものは髪に付着すると手触りや汚れとして髪に蓄積されます。


※水に硬水・軟水があるのはこの為ですね。

よく海外のホテルなどでシャワーを浴びたら髪が傷むと聞くのは、水の成分が原因と言えます。




炭酸泉で髪や頭皮に使用すると即効性があるので、ぜひお試しあれ。


排水溝に栓をし、炭酸泉のみで頭を流すだけで、髪に蓄積されていた汚れが目に見ることができます。

→白く濁った汚れが浮き上がります。


目安として、1〜2ヶ月に1度の頻度で利用されることをオススメします。
posted by noragami at 11:00| Comment(0) | ヘッドスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。