スポンサードリンク

2014年07月10日

流れる前髪を作るには?

流れる前髪を創る方法をお伝えする前に、髪の特性を初めにお伝えします。



『髪は短い方から長い方へ流れる!!』
と言うことを覚えておいてください。

これを前提に話を進めていきます。


前髪状態ですが、重めよりもやや軽めの方が流れやすいです。



朝お出かけの前にスタイリングをされる方がほとんどかと思いますが、前髪がうまくスタイリング出来なくて時間に間に合わなくなってしまいそうになったり、気分が乗らずに家を出るといった経験はありませんか?


そんな方に流しやすい前髪を創るための最善策をお伝えしたいと思います。


寝癖がある場合は、少しウェットしてドライヤーで希望のスタイルに近づけていきます。

例えば右に流したい場合、ドライヤーで※左に向かって乾かします。

この時、ドライヤーの熱を上から当てずに横から当てることがポイントです。
(上から当ててしまうと根元が潰れてしまいます。)


7〜8割まで乾いたら流したい右側に向かって乾かします。

※左に流したい場合は上記と逆の乾かし方になります。



乾いたらマジックカーラー又はアイロン・コテを用意します。


【マジックカーラーを使う場合】

自分から向かって正面にマジックカーラーを持ってきたら、真横にして前髪を毛先から巻き、根元まで巻き込みます。


巻き終わったら、ドライヤーの弱風を当てて、少し熱を与えます。

※この時、ドライヤーの風はマジックカーラーの輪の部分にあたるように真横から当てます。

また、強風で当ててしまうとマジックカーラーが取れやすいので注意!!


熱を加えたら自然放置し、冷まします。

※時間が無い場合は、弱風の冷風で冷ますのも大丈夫です!


最後にマジックカーラーを回転させながら外して、前髪を流したい方に指でスタイリングすれば完成です!!



【アイロン・コテを使う場合】

マジックカーラーと同様に前髪を真っ直ぐ正面に引き出して、根元から毛先に向かってスルーさせます。

※グリップを完全に挟むと後がつく原因になります。
指で挟み加減を調節しましょう。

※スルーさせないと折れ目などのアイロンの後がつきます。


2〜3回にかけて繰り返します。

そうすることでナチュラルな仕上がりになります。


アイロン・コテが終わったら指で流したい方にスタイリングして完成です。



まとめとして、流す為には条件があります。


・根元のボリュームが立ち上がっていないと、毛先は動かない・流れない。

・髪は短い方から長い方へ流れる特性がある為、ラウンド状にカットされている。

・毛量も多い・重ためよりもやや軽めの方が流しやすい。


以上の点を把握しておきましょう!!


不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

可能な限りアドバイスなどさせていただきます。

posted by noragami at 11:00| Comment(0) | カット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。