スポンサードリンク

2014年06月22日

自宅でパーマを再現する方法

自宅でパーマ感を再現する方法を伝授します!!


美容室でパーマをあてても、自宅に帰って翌日から上手くスタイリングする事が出来ないと言う方がほぼ7〜8割です。


なぜ再現出来ないのか?


それはパーマのリッジ感・カール感の出し方を知らないからではないですか??


髪は濡れている時は様々に動かせますが、
乾くと固まり固定されます。

パーマを再現するにはこの作用を利用する必要があります。


まず、
※朝起きて乾いた状態からスタイリング剤をつけるのは大きな間違いです!!


・霧吹きで適度に髪を湿らせる。

・シャワーを浴びて髪をウェット状態にする。

と言う必要があります。


そしてドライヤーで乾かすんですが、ここからがポイントになります。

<ポイント>

1)※根元だけをまず乾かす。


2)中間〜毛先は手のひらをお椀状にして髪の毛先を乗せて上に持ち上げて乾かします。
※決して引っ張ったりしてはいけません!!


3)※ドライヤーの風量を弱風に切り替え、髪に直接温風を当てない!!


4)中間〜毛先は完全に乾かさず、約7割程度まで乾いたらドライヤーは終了。
(8〜9割乾いた場合は乾かしすぎです)

5)※スタイリング剤を毛先から揉み込む。
毛先を下から上へ持ち上げながら揉み込むのがポイントです。


6)湿っている毛先は自然乾燥をさせて終了です。



【パーマ用のスタイリング剤】

「男性向け」

・ジェル

・ムース(ハード系含む)



「女性向け」

・ムース(ソフト系)

・ミルクタイプ



※油分であるスタイリング剤をつけることでリッジ感・カール感が出てきます。

パーマの施術をされる方はスタイリング剤とセットと言うことを覚えておきましょう。
posted by noragami at 10:00| Comment(0) | パーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。