スポンサードリンク

2014年07月06日

髪のメカニズム

今回は毛髪の生えるサイクルと、メカニズムについて書いていきます。


・朝起きると沢山の抜け毛がある

・入浴中に毛髪が沢山抜ける

などの経験はありませんか?


髪の毛は抜け落ちもしますが、その反面で新しい毛が生えてくるので毛量を維持しています。


もちろん年齢やホルモンバランス、遺伝によっても左右されますが基本的には一定のサイクルで髪の毛は新陳代謝によって生えかわっていきます。



『髪の毛のサイクル』

・成長期
・退行期
・休止期

の3種類のサイクルによって常に生え変わります。


※女性の場合のサイクルをご説明します。

<成長期>

毛髪を成長させる時期のこと

期間:4〜7年

構成比:85〜95%



<退行期>

成長した毛髪を脱毛させる時期のこと

期間:2〜3週間

構成比:1〜3%



<休止期>

毛乳頭の活動が休止期している時期のこと

期間:数ヶ月

構成比:9〜14%



サイクルとしては、
成長期→退行期→休止期の順になります。

専門的に言うと、
細胞分裂→角化→脱毛→細胞分裂の繰り返しになります。


休止期の後には「脱毛&新生」として活動をはじめ、毛髪を発生させる時期が入ります。

その後に、成長期へと戻ります。


女性の場合は1サイクル4〜7年で形成されています。

男性の場合は1サイクル3〜5年
と少し短いです。


余談ですが、人の髪が伸びる限度があると言われています。

と言うのも、髪の毛だけではなくて眉毛やまつ毛、鼻毛や脇毛など、体毛と言うものには一定期間以上の成長期が見られないという見解です。


言われてみれば納得していただけると思いますが、この世に眉毛が30cmある人を見たことがありますか?

仮にお手入れをしていなくてもそこまで伸び続けることはありません。


このことから毛髪も同様に、最大平均として1m前後が限度とされています。

もちろんこちらにも個人差はありますが、ロングヘアを目指されている方は知っておいて損はない情報かと思います。




『髪の成長速度』

1ヶ月に1.0〜1.2cm伸びると言われています。

個人差がありますのでご理解ください。



『髪の総本数』

髪は1つの毛穴から1〜3本生えていて、全体で約10万本になります。

3本のうち、1本は生えたて、1本が成長期の髪、そしてもう1本が成長を止めている髪です。

成長を止めた髪が抜ける頃には、新しい髪の種が既に生まれているという仕組みです。



『抜け毛について  その1』

頭皮環境にトラブルがある場合には炎症や抜け毛といった原因にもつながります。

<健康・正常な頭皮>

頭皮は青白く、毛穴がくっきり見えます。
また、透明感があります。

フケは新陳代謝による現象なので、正常な頭皮にも生じます。
通常、微少な為ほとんど見えません。


<異常な頭皮>

新陳代謝のバランスを失うと炎症を起こし、頭皮の色は赤〜褐色に見えます。

また、フケが目立ってきます。

【乾燥性のフケ】

外的要因が多く、主に乾燥した頭皮に見られます。

【皮脂性のフケ(脂っこいフケ)】

頭皮の炎症などにより、皮脂分泌が過剰になった場合に見られます。



要するに頭皮は信号機と同じで、青や青白い色は健康、黄色は注意が必要、赤や褐色は危険の合図となっているわけです。

頭皮の色はスキャルプケアの羅針盤、つまり、サインになっていますので頭皮ケアの目安として注目されています。



『抜け毛について  その2』

毎日たくさん抜けるとご心配の方は特に知っていただいたいのがここからの内容になります。

※健康な状態でも髪の毛は、
1日に50〜150本抜けます!


これ以上に抜ける本数の多い場合や、抜けた髪が細く弱かったりしたら要注意です!!

→毛根に膨らみがなく、先細りしている抜け毛のこと。
(※健康であれば硬くて丸く固まった毛根があります。)


対策として、毎日のシャンプーは頭皮の地肌を指の腹を使ってマッサージする様にして洗い、血行を促進、毛根に栄養を与えるといった新陳代謝を高めることがかなり重要になります!!


※決してシャンプー時はゴシゴシ洗ってはいけません!!

泡立てをしっかりとし、優しくマッサージするようにします。
力で洗っても汚れは落ちません。

泡の力で汚れが落ちますので、皮脂性の方はシャンプーの泡立てとマッサージ後に、5分ほど放置タイムを設けることで解消されやすくなります。



『毛髪の形成に必要な栄養素』

<亜鉛>
牡蠣(カキ)、数の子、ひじき、のり、きな粉、味噌、豆腐など

<ビタミンA>
うなぎ、ニラ、人参、かぼちゃ、肝油、緑黄色野菜など

<ビタミンB群>
納豆、レバー、セロリ、ほうれん草、小松菜など



美容業界では頭皮環境の改善や頭皮のエイジングケアとして様々な商剤が出てきてますので、気になる方やお悩みをお持ちの方、コンプレックスのある方はお気軽に美容師までお尋ねください!!
【関連する記事】
posted by noragami at 11:00| Comment(0) | 毛髪関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

毛髪の構成について

髪は哺乳類特有の皮膚付属器官であり、表皮から生じたものです。



・高温低温の温度差からの保護作用

・外からのショックを和らげたりする保護作用

・ヘアスタイルなどファッション的役割

などの機能を持っています。



髪は毛幹部毛根部に分けられ、毛幹部は表皮から外側に出ている部分で、毛根部は皮膚内にまいぼつしている部分を指します。



成分としては、70%以上がケラチンタンパクから成っていて、構造は3層構造(キューティクル・コルテックス・メデュラ)になっています。


<キューティクル>

毛髪の一番外側に竹の子状に重なり合って毛髪を包んでいる毛小皮のこと。

毛髪内部の間充物質を流出されない役割と毛髪内部を守る役割を持っています。

その為、キューティクルが剥がれ落ちてしまうとダメージは急速に進行していきます。


「キューティクルの性質」

・通常4〜6枚から成っている

硬くてもろい性質

・最も硬いケラチンタンパクから出来ている
(逆に肌や内臓は柔らかい種類のコラーゲンタンパクから出来ている)

・8層構造から成る
1)アッパーβ(ベータ)レイヤー
2)エピキューティクル
3)A-レイヤー
4)エキソキューティクル
5)エンドキューティクル
6)インナーレイヤー
7)ローワーβレイヤー
8)δ(デルタ)レイヤー

また、1,7,8層目のキューティクルの3層によって細胞膜複合体(※CMC)が形成されます。

※CMCとは、
Cell Membrane Complexの略

パーマやカラー、水分の通り道となっています。

また、水分を保ち毛髪に柔軟性を与えます。


更に8層構造の一番表面に位置するアッパーβレイヤー層は、※18MEAと呼ばれる成分になります。

※18MEAとは、
18-メチルエキコサン酸のこと。

毛髪特有の脂質成分で、毛髪に艶を与えたり毛髪同士の絡まりなどを防ぐ役割が有ります。


※キューティクルは一度剥がれると再生することは無いので元に戻りません!!



<コルテックス>

キューティクルの内側にある毛皮質のこと。

髪の90%を占め、フィブリルという繊維の束とフィブリル同士を接着するマトリックス(間充物質)、髪の色を決めるメラニン色素を含んでいます。


「コルテックスの構造と役割」

髪のしなやかさや弾力を作り出している部分。

皮質細胞の集まりで、毛髪の85〜90%を占める。


その皮質細胞のうち、
硬い性質のフィブリルが約35〜45%

柔らかい性質の※間充物質が約50〜60%

※間充物質とは、毛髪に水分・ハリを与えます。
パーマのかかる原理はこの間充物質の移動を利用しています。
また、カラーの染料を内部にとどめる役割があります。



<メデュラ>

髪の芯にあたる毛髄質のこと。

メデュラの役割はまだ解明されていませんが、細い紙には存在しない場合もあります。



簡単に例えるならば、いつもお寿司の「カッパ巻き」に例えています。

カッパ巻きの、
のりの部分をキューティクル

ご飯の部分をコルテックス

キュウリの部分をメデュラ

と例えるならばわかりやすいと思います。


のりの部分が欠けてしまえばご飯はボロボロになりますよね?

カッパ巻きとして維持することが難しくなることは想像できるかと思います。


それと同様に毛髪も、キューティクルが剥げたり、欠けてしまうと毛髪を維持することができなくなるという訳です。


いかにキューティクルを大切にするべきかご理解いただけましたでしょうか??


サロン及びご自宅でのケアの際は、しっかりと意識してケアを心掛けましょう!!

posted by noragami at 11:00| Comment(0) | 毛髪関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

炭酸泉によるデトックス効果

炭酸泉で体や髪を洗うと、デトックス効果が得られるのはご存知ですか??


2〜3年ほど前から美容業界で目をつけられている炭酸ですが、市販で販売されている飲料用炭酸水では炭酸濃度が低い為、効果は得られません。



【そもそもデトックスとは?】

頭皮や毛髪の血行促進老廃物の除去・体内からの毒素排出、キューティクルの引き締めなどに優れた効果のこと。

美容業界でも注目を浴び、ヘッドスパのメニューに取り入れるサロンが増え続けています。



頭皮や髪に対して使用することによって、髪に付着している汚れはもちろん、以前の記事でもお伝えした「シリコン」の内容にもあるように、蓄積してしまったシリコンを落とすことが可能になります。


サロンでは、
プレシャンプー時、ヘッドスパメニュー、その他の施術メニューに付属という形で取り入れられています。



シャンプー台と専用の炭酸ガスボンベのホースを直接繋ぎ、温水とガスを混ぜ合わせて濃度が高くなってから使用します。



【炭酸泉の適性温度】

意外と知られていない炭酸泉の適性温度というのがあります。

温度が高く、熱すぎると二酸化炭素の炭酸濃度が下がってしまい、効果が激減してしまいます。

それを知らずに気持ちの良い温度の温水と併用しているサロンもあるので、見直し・改善をする必要があります。



※温めて使用する場合の適性温度

→最大36〜37°Cまで

※常温で使用する場合は炭酸濃度は落ちないので、温度が高くなる場合のみ注意する必要があります。



【炭酸泉が使用される施設】

主に医療用として使用されていたのがきっかけとされています。

医療用のお風呂や雪山の登山などで壊死してしまった下肢の足の指を再生するなどといった目的で使われています。


医療用のお風呂として使用される温度は、上記でも書いたように37°Cまでしかないのでぬるま湯になります。

ぬるくても、普通の水では無いので体内の老廃物除去・血行促進・新陳代謝向上の効果があるのでとても効果的と言えます。



【炭酸泉と普通の水との違い】

炭酸泉とは、
水に濃度の高い二酸化炭素を混ぜ合わせることで、水の中に含まれる余分な成分の影響を防ぐことができます。

また体に使う場合、
二酸化炭素の量が多くなると、呼吸によって取り入れられた酸素を血液のヘモグロビンによって早く体全体に送る防衛反応が起こるので、血流促進、新陳代謝の向上が得られるというわけです。



通常の水には金属成分のマグネシウムと言うものが含まれています。
このマグネシウムと言うものは髪に付着すると手触りや汚れとして髪に蓄積されます。


※水に硬水・軟水があるのはこの為ですね。

よく海外のホテルなどでシャワーを浴びたら髪が傷むと聞くのは、水の成分が原因と言えます。




炭酸泉で髪や頭皮に使用すると即効性があるので、ぜひお試しあれ。


排水溝に栓をし、炭酸泉のみで頭を流すだけで、髪に蓄積されていた汚れが目に見ることができます。

→白く濁った汚れが浮き上がります。


目安として、1〜2ヶ月に1度の頻度で利用されることをオススメします。
posted by noragami at 11:00| Comment(0) | ヘッドスパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。